【パルファンロジーヌ】ローズグリオットの香りのレビュー

今回は「LES PARFUMS DE ROSINE(パルファンロジーヌ パリ)ローズグリオット オードパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

ローズグリオットは、軽やかでフレッシュなフルーティーさとローズ・ピオニー系フローラルの香水です。

桜餅のような風味と塩気が、香りのアクセントになっています。

 

この記事はこんな方にオススメ!

・パルファンロジーヌ、ローズグリオットの香りについて詳しく知りたい

・軽めのフルーティーフローラルが好き

・桜餅の匂いのサクラ香水を探している

LES PARFUMS DE ROSINE(パルファンロジーヌ)ローズグリオットとは?

香水の基本情報

タイトル:ROSE GRIOTTE Eau de Parfum(ローズグリオット オードパルファン)

ブランド:LES PARFUMS DE ROSINE(パルファンロジーヌ パリ)

香調:フルーティー、フローラル

調香師:ニコラ・ボヌヴィル

発表:2021年

   - AD –

LES PARFUMS DE ROSINE PARIS LES PARFUMS DE ROSINE PARIS/(W)ローズ グリオット オードパルファン フォルテ フレグランス 香水【送料無料】

トップノート:ベルガモット エッセンス、タンジェリン エッセンス、ピンクペッパー、和梨

ミドルノート:桜の花、サンバックジャスミン、ピオニー、オスマンサス

ラストノート:ホワイトアンバー、シダー、ムスク、ヘリオトロープ

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:7時間程度

放香性:★★☆☆☆+ 弱い~やや強い

【パルファンロジーヌ】ローズグリオットのイメージチャート

ローズグリオットって、どんな香り?

トップノート:フレッシュで甘酸っぱいフルーツ(20分)

ライチのような、フレッシュで軽めのフルーティーさから始まる。

2、3分もするとジューシーで甘酸っぱいチェリー系の匂いも加わってくる。

香りの奥には、桜葉漬けの桜餅っぽい風味と塩味も感じる。

ミドルノート:ピオニーと桜の葉(40分)

フルーツの甘酸っぱさは残しつつ、香りの中心がフローラルに移る。

花の中で最も強く感じるのは、ピオニーのフレッシュで透明感あるローズ様の香り。

そこにトップから感じていた桜葉漬けの風味・塩味が、アクセント程度に添えられている。

桜葉漬けはミドルの間にどんどん薄くなっていく。

ラストノート:ローズ石けん系の匂い(6時間)

透明感のある明るいフローラルにムスキーな香りが重なり、ドライダウンに向かう。

ローズ石けん系の可憐な匂いだ。

トップから続くフルーツの甘酸っぱさも、まだ少し残っている。

 

トップはしっかり香るが、ミドル以降は香り立ち穏やか。

通年付けやすい、フレッシュなフルーティーフローラルになっていた。


▼▼ 軽いローズの香水いろいろ♪AD ▼▼

〔最大400円OFFクーポン配布中〕ディプティック DIPTYQUE オーローズ EDT 50ml [425652/419125]

【ロクシタン】ローズオードトワレ 75ml

ローズグリオットの解説と感想

甘酸っぱいサクランボの香水

2021年にパルファンロジーヌパリより登場した、「ROSE GRIOTTE(ローズグリオット)」の香り。

griotteとは酸味の強いサクランボ(酸実実桜/スミミザクラの果実)のことで、酸っぱすぎるため生食向きではなく、料理や砂糖解けにするなど加工されて食べられるサワーチェリーの一種です。

 

ローズグリオットは、桜の繊細な香りと酸っぱいサクランボの果実味、そしてローズの香りのバランスが取れた香水です。

ーパルファンロジーヌ公式HPより(訳・たゆた)

 

ブランド公式の情報を見てもノートの中にチェリーは載っていないのですが、トップから香るフルーティーさの中にはサワーチェリー系の甘酸っぱい匂いもあるように感じます。

香水名に香りのイメージが引っ張られて”チェリー”を感じているだけかもしれませんし、桜の葉のような匂いからチェリーを連想しているのかも。

桜餅系の匂いが個性を与える

全体を振り返ってみると「軽めのフルーティーフローラル」といった香りになっていました。

フレッシュなフルーティーさから始まり軽めのフローラルへと続き、そしてムスキーな香りで終わるという、よくある香水の形かと思います。

 

そんな中で、ローズグリオットの個性たる部分は、桜葉漬けのような香り」にあります。

桜葉漬けの持つ、桜餅系の風味とほのかな塩気。

これがトップ~ミドルにかけて、香りのアクセントの役割を果たします。

主役はフルーツやフローラルなのですが、それらにツイストを加えて面白味のある香りにしている感じ。

 

トップのフルーツは、ライチ系のフレッシュな物から始まり、その後甘酸っぱいチェリー様となります。

そしてミドルのフローラルは、ピオニー系の透明感ある香りに、桜葉のミックスといった形。

ラストはムスキーなローズ石けん様になりますが、軽めの香りの割にはなかなかロングラスティングになっており、驚かされました。

 

ローズグリオットは、明るいフルーティーフローラルの香り。

「軽めのフルーツやローズ系が好きな方」「桜餅系の匂いがするサクラ香水をお探しの方」にオススメしたい一本です。

まとめ

今回は「パルファンロジーヌ/ローズグリオット オードパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ローズグリオットは、フレッシュフルーティーから軽いフローラル、そしてローズ石けん系のムスキーへと抜けていく香水です。

よくある形に見えますが、桜餅系の香りがアクセントとなり、香りに個性を与えています。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「桜餅の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「武蔵野ワークス/さくら オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 さくらは、桜の香り?いいえ、桜餅の香りです。あのピンクのお餅を葉っぱごと頬張ったような、春の匂いを存分に楽し[…]

【武蔵野ワークス】桜/オードパルファン、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:LES PARFUMS DE ROSINE公式ホームページ「ROSE GRIOTTE」https://www.les-parfums-de-rosine.com/index.php?id_product=63&controller=product&id_lang=4

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!