【武蔵野ワークス】Sakura(さくら)の香水レビュー|桜餅

今回は「武蔵野ワークス/さくら オードパルファム」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。

 

さくらは、桜の香り?いいえ、桜餅の香りです。

あのピンクのお餅を葉っぱごと頬張ったような、春の匂いを存分に楽しめる香水です。

 

当ページでは、さくらの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・武蔵野ワークス、さくらの香りについて詳しく知りたい

・桜餅系の桜香水が欲しい

・甘さ強め、明るめのフローラルが好き

武蔵野ワークス(ムサシノワークス)サクラとは?

香水の基本情報

タイトル:Sakura/Cherry Blossom Eau de parfum(サクラ オードパルファム)

ブランド:MUSASHINO WORKS(武蔵野ワークス)

香調:フローラル、ソーピー

調香師:ー

発表:2016年

トップノート:梅、グリーンノート、ピーチ

ミドルノート:チェリーブロッサム、ローズ、ジャスミン、シアーノート

ラストノート:カーネーション、ホワイトムスク

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:4.5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

【武蔵野ワークス】さくら/オードパルファム、香水イメージチャート

Sakura(さくら)の香りの変化

トップノート:花の甘さが強いフルーティーフローラル(30分)

香水を噴いた瞬間、「石けん桜餅!」と思う。

すぐに桜餅の匂いは鳴りを潜め、明るいフルーティーフローラルへと変化する。

フルーツの要素はピーチが最も強く感じられるが、とろっとジューシーな程ではない。割とあっさりしたピーチだ。

 

一方で、花の甘さはしっかりしている。

私には水仙のような強い甘さ+グリーンなフローラルと、カーネーション系のスパイシーなフローラルを合わせた香りに感じられた。

ミドルノート:桜餅の香り!(1時間30分)

思わず笑い声が漏れてしまう。

「これは…。桜餅です。」

何とも言えない桜葉漬の塩気と香り

あのピンクの餅を、葉っぱごと一口頬張った時の匂いがする。

 

香りを深く吸い込むと甘いフローラルなのだが、ふわっと立ち上がってくる香りは見事に桜餅だ。

基本的には明るい香りだが、どこか「和」を感じさせる落ち着きや”陰”がある。

ラストノート:石けん桜もち(2時間30分)

桜餅感を残したまま、清潔感のある石けん系の香りに変化していく。

最初に感じた「石けん桜もち」の匂いだ。

最初から最後まで甘さ強め、明るい香りが続く。

ソメイヨシノのような淡い色合いではなく、濃いピンクの八重桜のように、4月の温もりを感じさせる香りだと思った。


【精油で香りの知識を深めよう・PR】

\\ ジャスミンもあるよ! //



アロマテラピーのある暮らしを【フレーバーライフ】

武蔵野ワークス/サクラの感想と口コミ

桜餅フローラル

日本の香水メゾン、武蔵野ワークスより発売された「FLORAL 4 SEASONS(フローラル・フォーシーズンズ)、Sakura(サクラ)」の香り。

現行品は旧・さくら(2007年)をリニューアルし、2016年4月より販売されているものになります。

 

世の中にはたくさんの桜香水がありますが、中には「え?桜の匂い…。しないよね?」と思う物もあります。

最も身近な桜であるソメイヨシノには香りがありませんが、代わりに「桜餅の匂い」を「桜の匂い」と結びつけて記憶している人も多いのではないでしょうか。

 

武蔵野ワークスのサクラは、そんな桜餅の匂いを存分に楽しめる香水です。

特にミドルノートのあたりでは、冷静に考えると「これはフローラル」と分かるのに、どう頑張っても桜餅にしか思えません。

フローラルではなく、グルマンに分類しようかと思ったくらい・笑。

 

ブランドによると、こちらは武蔵野ワークスのパフューマーさんではなく、海外の方の作品なのだとか。

(満開の河津桜がモデルとなっているそうです。)

「まじか。海外の調香師さんで、こんなに桜餅にしてくれたのか。天才か。」と呟いてしまいました。

桜葉漬のような「和」の香り

香水・さくらを纏って。

まずはフルーティーフローラルのオープニングです。

噴き付けた瞬間だけ桜餅がいますが、すぐに消えてしまいます。

ここではまだ明るく可愛い感じ、水仙のような花の甘さが効いたフローラルになっています。

 

次第にフルーティーな部分が遠のいていき、桜餅化していきます。

そしてこれは、カーネーションが効いているのでしょうか。

しょっぱいような独特の風味があり、それが桜葉漬っぽさを生んでいるように思いました。

またその塩っぽい匂いが「和」のテイストを含んでおり、香り全体を「浮ついたフローラル」ではなく「明るいけど落ち着いたフローラル」にしてくれているようにも思います。

 

香りのある桜花をしっかり匂うと、淡いフローラルの中にほんの少しだけ「あっ!桜餅!」と見つけることが出来ます。

なので、こちらの香水はそんな桜花の香りそのものとは、また少し違うのだと思います。

リアルな桜は、ここまで「桜餅」を主張してきません。

 

武蔵野ワークス「さくら」は、桜餅感の強い桜の香り

「和」を感じさせる、春のフローラル香水です。

まとめ

今回は「武蔵野ワークス/さくら オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

さくらは、桜の花というよりは、桜餅の香水です。

甘さ強め・明るめのフローラルですが、「和」を感じさせる陰も含んだ香りになっています。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「桜の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール サクラ オードゥパルファン」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 サクラは、優しくパウダリーな甘さとフレッシュな[…]

メゾンクリスチャンディオール サクラ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「PARFUM SATORI(パルファン サトリ)桜 オードパルファン」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 桜は、桜餅すぎず、「桜イメージのフローラル」なだけでもな[…]

【パルファン サトリ】桜/オードパルファン、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:武蔵野ワークス公式ホームページ「さくら」https://www.fragrance.co.jp/f4/z801.html

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!

武蔵野ワークスの最新記事