【武蔵野ワークス】Mokuren(木蓮)のレビュー|レモンティー

今回は「武蔵野ワークス/木蓮 オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

木蓮は、炭酸が弾けるようなフレッシュなレモンと、ローズを中心とした軽やかなフローラルの香水です。

そこに花の蜜のようなサラサラした甘みが加わることで、レモンティーのような香りにも感じられます。

 

当ページでは、木蓮の「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・武蔵野ワークス、木蓮の香りについて詳しく知りたい

・レモンの爽やかな香り、軽い花の香りが好き

・ペットボトル飲料の「加糖レモンティー」の香りが好き

武蔵野ワークス(ムサシノワークス)木蓮とは?

香水の基本情報

タイトル:Mokuren/Magnolia Eau de parfum(モクレン オードパルファム)

ブランド:MUSASHINO WORKS(武蔵野ワークス)

香調:シトラス、フローラル

調香師:ー

発表:2004年

トップノート:レモン、ユーカリ

ミドルノート:ローズ、ミュゲ、イリス

ラストノート:ローズ、イリス

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:2.5時間程度

放香性:★★☆☆☆+ 弱い~やや強い

【武蔵野ワークス】モクレン/オードパルファム、香水イメージチャート

Mokuren(木蓮)って、どんな香り?

【武蔵野ワークス】木蓮、4mlボトル

トップノート:清涼感あるレモン(15分)

最初はレモンの強い酸味と、ジンジャーのようなスパイシーさを感じさせる香り。

花椒ではなく、日本の山椒の実のような爽やかなスパイシーさも感じる。

5分ほどでこのスパイシーさはマイルドになり、青々しい香りが出てきた。

「粉山椒」から「葉山椒」に変化したような感じ。

トップの主役はレモンの方だが、これらのおかげでスッと清涼感のある香りになっている。

ミドルノート:ローズと花蜜の甘さ(35分)

清涼感あるレモンを残しつつ、ローズを感じ始めたらミドルに入る。

切り取った薔薇の生花から香り立つような、フレッシュで青々しさを伴ったローズ香だ。

レモンの酸味もあり、爽やかなフローラルとなっている。

そこにサラサラとした「花の蜜」のような甘さが加わる。

ミドルに入ってから15分もすると清涼感は消えていき、甘さ強めのシトラスフローラルへと変化した。

ラストノート:ローズ石けん(1時間30分)

「ローズ石けん」のような香りでドライダウンに向かう。明るく、可憐な印象だ。

ここまで来ると香り立ちはかなり淡く、肌に沿うようにして漂っている感じ。

そのままどんどん薄まっていき、フェイドアウトした。

 

全体を通して見ても香り立ちは穏やかで、持続時間も短め。

展開も速く、テンポよく香りの変化が楽しめた。


▼▼ マグノリア香水いろいろ♪AD ▼▼

◆激安【SOLINOTES】香水◆ソリノート <マグノリア>オードパルファムEDP 50ml◆

(L’Aromarine) ミニトワレ(S:15ml)フューシア(マグノリア)(アロマリン)(5031)

武蔵野ワークス/モクレンの解説と感想

木蓮(モクレン)って、どんな香り?

日本のメゾン、武蔵野ワークスより発売された「木蓮(モクレン)」の香り。

木蓮とはマグノリアの一種で、春先に紫やピンクの大ぶりの花を咲かせます。

 

白い花の木蓮は「白木蓮(ハクモクレン)」といい、木蓮とは花弁の枚数や樹高などが異なります。

木蓮=マグノリアと思われていることも多いですが、木蓮も白木蓮も辛夷(コブシ)も泰山木(タイサンボク)も、みーんなひっくるめてマグノリアと呼ばれます。

 

私自身はマグノリアの香りといえば、記憶の中には白木蓮の物しかないのですが、木蓮も似た香りなのかなぁ。

今年はもう花が散ってしまっていると思いますが、来年は近くに木蓮の木がないか探してみようと思います。

 

ちなみに白木蓮の花は、甘さと透明感のあるすっきりしたフローラルノートで、結構強く香りますが、ジャスミンのようにツンとくるクセも少なく「意外と、おっとりしたフローラルだな」と思った事を覚えています。

マグノリア香水といえば「レモンのような酸味を含んだ、爽やかフローラル」として表現されていることが多いですが、はっきりとレモンの香りがする訳ではなく、瑞々しいフローラルだと感じました。

「シトラスフローラル」ではなく「シトラスとフローラル」

さて、香水「木蓮」について。

付けた途端にレモンのキューとした酸味と、ジンジャーや山椒のようなスパイシーさが広がります。

スパイシーと言っても辛いというよりは、シュワシュワと炭酸が弾ける清涼感や躍動感がある香りです。

「レモン風味の炭酸水」ではなく、「レモン果汁に直接炭酸注入しました!」というくらいに、レモンも濃いめ。

 

そこから炭酸レモンが和らいでいくと同時に、生花のようなフレッシュなローズが出てきます。

このローズがレモンと合わさることで、マグノリアのようなシトラスフローラルが生み出されるのかな…と思いきや、うん、これはローズだ。

「シトラスフローラル」というよりは、「シトラスとフローラル」といった感じです。

 

この香水の評の中に「レモンティーのような香り」というものを見かけたのですが、これもよく分かります。

ミドル以降に花の蜜のような甘さがしっかり出てくるのですが、おそらくこれとレモンが合わさったことで、ペットボトル飲料の加糖レモンティーに感じるのだと思います。

 

そんなわけで、「木蓮」はマグノリアの花そのものの香りとは、ちょっと違うように感じました。

それでもレモンとライトフローラル、さらさらした甘さが重なる軽めの香りが続きます。

香りの展開も速く持続も短めなので、後に香りを残したくない日(夜に食事の約束がある等)にも使いやすいかなと思いました。

まとめ

今回は「武蔵野ワークス/木蓮 オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

木蓮は、炭酸のようなフレッシュさを感じるレモンと、ローズを中心としたライトフローラルの香水。

そこに花の蜜のような甘さが交わることで、「加糖レモンティー」の香りにも感じました。

香りの展開も速く持続時間も短めですので、香りを長時間残したくない時などにもオススメですよ。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「マグノリアの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)スターマグノリア コロン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 スターマグノリアは、水辺に吹く風のように、涼やかで透明感あるシトラスフローラルの香[…]

【ジョーマローン】スターマグノリア/コロン、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「DECORTÉ(コスメデコルテ)キモノ ツヤ オードトワレ」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ツヤは、春の花マグノリア(モクレン)の香りの王道をいくような香水です。「爽やか」「控えめ」[…]

コスメデコルテ キモノ ツヤ、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:武蔵野ワークス公式ホームページ「木蓮」https://www.fragrance.co.jp/f4/a401.html

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!