【ラルチザンパフューム】ニュイドチュベルーズの香水レビュー|閑夜

今回は「L’ARTISAN PARFUMEUR(ラルチザン パフューム)ニュイドチュベルーズ オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

ニュイドチュベルーズは、スパイシーさや酸味、フルーティーさや甘いフローラル、樹脂の柔らかい甘さ、そしてウッディーな香りといった様々な要素が重なった香水です。

「密やかな夜」を思わせる、静かで捉えどころのない香り。

 

当ページでは、ニュイドチュベルーズの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・ラルチザン、ニュイドチュベルーズの香りについて詳しく知りたい

・「密やかさ」や「落ち着き」を感じさせる香りが欲しい

・チューベローズは好きだが、甘すぎるのは嫌

L’ARTISAN PARFUMEUR(ラルチザン パフューム)ニュイドチュベルーズとは?

香水の基本情報

タイトル:Nuit de Tubéreuse Eau de Parfum(ニュイドチュベルーズ オードパルファム)

ブランド:L’ARTISAN PARFUMEUR(ラルチザン パフューム)

香調:フローラル

調香師:ベルトラン・ドゥショフール

発表:2010年

廃盤:2022年 販売終了

トップノート:ピンクペッパー、クローブ、マンダリン、アンジェリカ、カルダモン、ペッパー、カスカリラ

ミドルノート:チューベローズ、マンゴー、オレンジブロッサム、イランイラン、ファーズ(ハリエニシダ)、ローズ

ラストノート:ベンゾイン、ローズウッド、ムスク、サンダルウッド、スティラックス

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:6.5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

【ラルチザン パフューム】ニュイドチュベルーズ、香水イメージチャート

ニュイドチュベルーズって、どんな香り?

ラルチザン パフューム/ニュイドチュベルーズのレビュー『閑夜』

トップノート:シトラス・スパイス・フルーティーに、静かな甘さ(30分)

甘いマンダリンのシトラスと、ピンクペッパーのフルーティーな酸味から始まる。

スッとする、軽いスパイシーさもある。

そしてそこに、お香のような「静けさ」を感じさせる甘さが、うっすらと重なっている。

チューベローズの匂いは、まだ出てこない。

ミドルノート:ホワイトフローラルが出てくる(1時間)

酸味は無くなるが、フルーティーさは続いている。

ノートを確認すると「マンゴー」がリストされているので、これに由来するフルーティーさなのかもしれないが、分かりやすく「マンゴーの匂い」がする訳ではない。

 

トップから感じていた「お香のような静かな甘さ」は、まだ続いている。

ココナッツみのある「ミルキーな甘さ」も僅かに混じっている。

そしてそこに、オレンジブロッサムを中心とした ホワイトフローラルの花の甘さが薄く重なる。

ラストノート:樹脂の甘みとチューベローズ(5時間)

樹脂の柔らかい甘みとウッディーさを含んだ香りで、ドライダウンに向かう。

そしてその甘さの中に半ば隠れるようにして、チューベローズの花の甘みも佇んでいる。

時間経過に伴う香りの変化は感じられるので シングルノートっぽくはないのだが、ずっと「静謐」で「薄暗い」、落ち着いた香りが続く。

「チュベルーズ」と香水名に入っているが、甘さや華やかさは控えめ。


▼▼ チューベローズ香水色々・AD ▼▼

【ポイント5倍 4日20:00〜11日01:59】【送料無料】ジョー マローン ロンドン チューベローズ アンジェリカ コロン インテンス(50mL)(ギフトボックス入り)【ジョーマローン ジョーマローンロンドン】(香水 フレグランス)(ギフト)

【SALE限定ポイント10倍!12/4 20:00~12/11 01:59】ザ パルファムミスト レイト ナイト トラブル ( チューベローズ & オレンジフラワー ) オードパルファム 50ml THE PERFUMIST LATE NIGHT TROUBLE TUBEROSE & ORANGE FLOWER EDP

ラルチザン/ニュイドチュベルーズの解説と感想

捉えどころがない”分類不能”の香り

L’ARTISAN PARFUMEUR(ラルチザンパフューム)より2010年に登場した「Nuit de Tubéreuse(ニュイドチュベルーズ)」の香り。

ニュイドチュベルーズとは、フランス語で「チューベローズの夜」という意味です。

この香水は、ドラマチックなパリの夏の夜をテーマに作られたのだそう。

 

香水名だけを見ると”夜”のような「重さ」や「暗さ」と、チューベローズの甘く濃厚な花が ずっしり香るのかな?と思うかもしれませんが、全く違います。

「チュベルーズ」とタイトルには入っていますが、そもそもこの香水の主役はチューベローズではありません。

 

では、香りの主役は一体何なのでしょうか?

…それが、この香水には主役が居ないのです。

「何か一つの中心になる香りがあって、他の香りが それをサポートする」という構成に なっていないということです。

 

スパイスの香りやシトラス、ピンクペッパーの酸味、フルーティーな香り、オレンジブロッサムやチューベローズ等の甘い花、バルサミック(樹脂系)な甘さ、そしてウッディーな香り…。

こういったものが重なって、一つの美しい香りの まとまりを生み出しています。

 

本サイトでは香調を一応「フローラル」としましたが、正直なところ「フローラル系の香水とも ちょっと違うかな?」と思っています。

主役になる香りも香調も、捉えることができないような”分類不能”の香水なのです。

静かな夜を感じさせる香水

そんな風に、「オレが主役だ!」と大声を上げる香りがないからか、最初から最後まで”静謐さ”を感じさせます。

確かにNUIT(夜)を思わせる香りです。

でも私が思い描くのは パリのような「都会の夜」ではなく、何もない「野原の夜」。

 

『ひっそり閑とした広大な草原。遠くに佇む青黒い山並み。空にぽっかり浮かぶ円い月。

生き物といえば、虫たちが控えめに羽を振るわす気配がするのみ。』

こういった「静かな夜」の香りがします。

 

ですので、チューベローズの華やかで明るい花の香りがお好きな方にとっては、ニュイドチュベルーズは物足りなく感じるかもしれません。

私も、こちらはチューベローズ香水だと思っていません

チューベローズが全く出て来ない訳ではないのですが、最後の方で樹脂の甘さに半身を隠すようにして、おずおずと顔をのぞかせる程度となっています。

 

ニュイドチュベルーズは一つの”分厚い”主役の香りがあるのではなく、向こうが透けて見えるような”半透明”の香りたちが寄り集まって、厚みを作り出しています。

そしてそれが「夜の帳」となって、そっと貴方の肌を覆うような香水なのです。

まとめ

今回は「ラルチザン パフューム/ニュイドチュベルーズ オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ニュイドチュベルーズは、香水タイトルにそぐわず「チューベローズ」が強く主張する訳ではありません。

様々な香りが幾層にも重なった、捉えどころのない「夜」の香水です。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「”夜”を感じさせる香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「SERGE LUTENS(セルジュ ルタンス)ニュイドゥセロファン オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ニュイドゥセロファン(セロファンの夜)は、アップルジュースのようなフルー[…]

【セルジュルタンス】ニュイドゥセロファン・セロファンの夜/オードパルファム、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「PARFUM SATORI(パルファン サトリ)夜の梅 オードパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 夜の梅は、薄暗い雰囲気の中で漂う酸味の強いフローラルが主役。ラストでは「乾いた木」と[…]

【パルファン サトリ】ヨルノウメ/オードパルファン、詳しい香水レビュー/口コミ

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!

ラルチザンパフュームの最新記事