【Kerzon(ケルゾン)リュクサンブール公園】香水レビュー

今回は「Kerzon(ケルゾン)リュクサンブール公園 オードトワレ」について、詳しくレビューしたいと思います。

 

リュクサンブール公園は、生花店の中に居るような、透明感あふれるフローラルの香りが主役。

そこに、付け始めでは青くウォータリーな香りが、終盤では花の蜜のような甘さが重なります。

 

当ページでは、リュクサンブール公園の「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・ケルゾン、リュクサンブール公園の香りについて詳しく知りたい

・生花店の中に居るような、透明感のあるフローラルが好き

・「ここは…パリ?」と錯覚したい

Kerzon(ケルゾン)リュクサンブール公園/オードトワレ

香水の基本情報

タイトル:Jardin du Luxembourg Fragranced Mist(リュクサンブール公園 オードトワレ)

※ブランド公式ではフレグランスミストの表記ですが、国内ではトワレとして販売されています。

ブランド:Kerzon(ケルゾン)

香調:ウォータリー、フローラル

調香師:—

発表:2018年

トップノート:グリーンアーモンド、シトラス、アクアティックノート

ミドルノート:ライラック、ライム、リンデン、ホワイトフラワー

ラストノート:ハニー、オレンジブロッサム、パウダリーノート

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:3.5時間程度

放香性:★☆☆☆☆+ とても弱い~弱い

【ケルゾン】リュクサンブール公園/オードトワレ、香水イメージチャート

「青くウォータリーな香り」→「透明感のあるフローラル」→「花蜜の甘さ」

【Kerzon(ケルゾン)リュクサンブール公園】香水レビュー

トップノート:塩っぽいきゅうり(25分)

キュウリをパキっと折った時のような、青っぽさと爽やかさのあるウォータリーな香りでスタート。

塩っぽい匂いもある。

5分もすると瓜系の匂いは和らいでいき、アクアティック系の少し甘みもある香りに落ち着く。

ガルバナムのような、えぐみのあるグリーン・ハーバルな匂いも感じる。

ミドルノート:生花のようなフローラル(30分)

塩水のようなウォータリーさとガルバナム系のグリーンな香りを残しつつ、主役がフローラルへと変化してくる。

ミュゲ、ヘディオン、ネロリ。

このあたりの軽く瑞々しいホワイトフローラルの香りがする。

華やかで強い甘さのホワイトフローラルではなく、可憐で生花店の中に居るような、透明感のある匂いになっていた。

ラストノート:花の蜜のようなサラサラの甘さ(2.5時間)

さらにグリーンさが抜けていき、軽やかなホワイトフローラルとサラサラしたハニーの甘さでドライダウン。

ハチミツの香りは、それ特有の”クセ”はあるものの、本当に口に含んでいるような強い甘さは感じない。

花粉っぽさもあり、花の蜜のような香りになっていた。

 

全体を通して香り立ちは淡い。

多少の甘さはあるものの、さっぱりした香りが続くので、真夏でも使える香水だ。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

ケルゾン リュクサンブール公園 オードトワレ 1.5ml 香水 ミニ香水 お試し メール便 送料無料 kerzon

「ケルゾン/リュクサンブール公園」の感想/口コミ

”雨上がりのリュコ”の香水

フランスの香水メゾン、Kerzon(ケルゾン)より2018年に登場した、パリの散策シリーズの中の1本「Jardin du Luxembourg(リュクサンブール公園)」の香り。

リュクサンブール公園は、パリ6区にある22.5ヘクタール程の広大な敷地を持つ公園です。

 

元々はリュクサンブール宮殿の庭園として造られたこの公園には、100以上の彫像や噴水などがあります。

その中には、アメリカ・ニューヨークの「自由の女神像」の元になった像もあるそうですよ。

 

この香水では、そのように美しく整えられた「リュクサンブール公園の香り」をテーマにしています。

ブランドによると、こんなイメージだそうです。

放課後に”リュコ”へボートを見に行って遊んだ思い出のように、リュクサンブール公園の香りは、ハチミツのベースにグリーンアーモンドのトップと、ライム・ライラックのハートノートを表しています。

庭園にある沢山の蜂の巣を思い起こさせて。

ーkerzon公式ホームページより

※「リュコ」とは、パリジャンが使うリュクサンブール公園の愛称

 

リュクサンブール公園のキーとなるのは、「ライラック」と「ハチミツ」の香りです。

ライラックといえば濃い紫色が一般的なイメージかと思いますが、この香水では淡い紅色。

雨上がりの雫がキラキラと陽光に反射しているような、透明感のある明るいフローラルになっています。

すべての公園はパリに通ず

話は変わりますが、先日、娘が「石を失くした!」と大癇癪を起こし、翌朝の登園前に20分程公園に寄って石探しをしておりました。

しかも、雨の日に…。

 

私は特に輝かない石など欲しておりませんので、ぼんやりと娘を眺めながら植栽の花や葉の匂いを嗅いでいたのですが、濡れたトベラの花の香りを嗅いだ時、「あ!リュクサンブール公園だ!」と感動しました。

(娘も私も、傍から見れば変人であっただろう…)

 

ジャスミン様の甘さを薄っすらと、そしてそこに僅かな酸味を足して。

雨粒の匂いと、濡れた葉から漂う青い匂い。

これらのミックスがリュクサンブール公園のミドルノートあたりによく似ていて、「あぁ、ここはパリなのね。」と思いました(いや、違う)。

 

基本的にこういった「生花店の中に居るような香り」は大好きなのですが、この香水を使う理由は他にもあって。

中・高の頃、毎日制服にアイロンをかけていたのですが、その時に使っていた「アイロン用スムーザー」の匂いが好きだったんです。

そのスプレーの匂いが制服のシャツに移って、学校で時々香り立つのが大好きでした。

 

リュクサンブール公園を付けると、なぜか分からないけど必ずその匂いを感じます。

なので、私にとってこの香水は、ちょっとノスタルジックな香りでもあるのです。

まとめ

今回は「ケルゾン/リュクサンブール公園 オードトワレ」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

リュクサンブール公園は、雨上がりの公園の花を嗅いでいるような、透明感のあるフローラルが主役。

そこにウォータリーな青さや、花蜜のような甘さが重なって香ります。

私にとってはちょっとノスタルジックな香り。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「透明感のあるフローラルの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)オレンジブロッサム コロン」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 オレンジブロッサムは、青みかんのような熟す前のシ[…]

ジョーマローン オレンジブロッサム、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「BYREDO(バイレード)インフロレッセンス オードパルファン」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 インフロレッセンスは、「野に揺れる草花の可憐なブーケ」。[…]

【バイレード】インフロレッセンス/オードパルファム、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:Kerzon公式ホームページ「JARDIN DU LUXEMBOURG」https://www.kerzon.paris/en/113-jardin-du-luxembourg

 

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!