【フラパン】ボワブランの香水レビュー|多面的な木の香り

今回は「P.Frapin&Cie(フラパン)ボワブラン オードパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

ボワブランは、軽やかなウッディーが続く香水です。

最初は材木系のドライなウッディー、その後ミルキーな木の甘みや、焦げ感のある木のスモーキーさも出てきます。

 

この記事はこんな方にオススメ!

・フラパン、ボワブランの香りについて詳しく知りたい

・ウッディー香水が好き

・香り立ちが穏やかで、軽めのメンズ香水が欲しい

FRAPIN(フラパン)ボワブランとは?

香水の基本情報

タイトル:BOIS BLANC Eau de Parfum(ボワブラン オードパルファン)

ブランド:P.Frapin&Cie(フラパン)

香調:ウッディー、スパイシー、アロマティック

調香師:アンヌ=ソフィー・ベハーゲル

発表:2020年

トップノート:ビターオレンジ エッセンス、マンダリン、ユーカリ、ローズマリー、ジンジャー

ミドルノート:セージ エッセンス、ヴァージニアン シダーウッド エッセンス、ヴァイオレットリーフ エッセンス

ラストノート:アンブロキサン、ガイアックウッド エッセンス、ケードウッド エッセンス

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:5.5時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

【フラパン】ボワブランのイメージチャート

ボワブランって、どんな香り?

トップノート:軽めのウッディースパイシー(20分)

アロマティックで透明感のあるシトラスと、ベースにあるウッディーな香りから始まる。

数分でジンジャー・ホワイトペッパー・ナツメグを混ぜたような、ウッディー・スパイシーも重なり出す。

付け始めから10分程で、酸味・辛み・ウッディーが綺麗に融合し、乾燥木材や真新しい丸太小屋のような香りになった。

ミドルノート:サンダルウッド様の香り(1.5時間)

大きな香りの変化はなく、ウッディーノートが続く。

スパイシーさは和らぎ、代わりにサンダルウッドのようなミルキーな木の甘みが出てきた。

深く香りを吸い込むと、針葉樹の深緑の葉のような、アロマティックで苦みを含んだグリーンさも感じる。

ラストノート:スモーキーウッディーとアンブロキシド(3.5時間)

ミドルノートに、ガイアックとケードの焦げ感やスモーキーさが薄く重なり、ドライダウンに向かう。

木のミルキーな甘さや、塩辛さも感じる。

最後は、アンブロキシドの塩っぽさやレザー感が肌に残った。


▼▼ ウッディー香水いろいろ・AD ▼▼

最大400円OFFクーポン配布中!ディプティック DIPTYQUE タムダオ EDP 75ml [425782/416391/407535]

\マラソン期間限定!ポイント5倍/バイレード スーパー シダー オードパルファム 50ml BYREDO SUPER CEDAR EDP [gth]

フラパン/ボワブランの解説と感想

豊かに広がる自然へのオマージュ

老舗コニャックメーカー・FRAPINが生み出した「BOIS BLANC(ボワブラン)」の香り。

フラパン社はフランス南西部のコニャック地域の中でも、最上級のブドウ産地とされるグランド・シャンパーニュ地区で、広大な畑を所有しコニャックを作り続けています。

(ちなみにシャンパンの「シャンパーニュ地方」とは別物で、場所も全然違います。)

 

そんな豊かな自然の中にあるフラパン社が生み出した「木」の香水、それがボワブランです。

香水名を直訳すると「白い木」となりますが、これはコニャック原料である「白ブドウ」を指しているのでしょうか。

 

ブランドによると、ボワブランはこんな香りだそうです。

(抜粋)フラパン家は大都市から離れた暮らしを営んでいます。

草原、葡萄畑、川や木々に囲まれ、わたしたちは自然を形作り自然に形作られているのです。

わたしたちは森を愛し、木を加工し、その魂を感じ取り、体内に取り込みます。

木は時に暖かく、わたしたちを包むごとく芳しく、深遠さに満ちています。

「ボワ ブラン」は凛としてわたしたちのスタイルを示しているのです。

ーART EAU公式ホームページより

 

ボワブランは「自然」、特に「木」へのオマージュを捧げる香水なのです。

ウッディーノートの色々な側面が登場する

実際にボワブランを肌に纏ってみても、確かに「とってもとっても木の匂い」といった香りになっています。

最初はホームセンターなどに置かれている角材や、新しい丸太小屋のような、いわゆる”材木”っぽさのあるドライな木の香りがします。

 

そこに、ミルキーな木の甘みも重なります。

ミドルのあたりは木の甘さ・辛さ・乾燥した感じ・塩辛さといった多面的なウッディーノートで、これはサンダルウッドが近いようです。

 

さらに針葉樹の葉のグリーンな”すっきり感”もプラスされ、最後はアンブロキシドのレザー・塩っぽさ・ウッディーな香りが残りました。

 

アンブロキシドは、アンバーグリス様の匂いを持った合成香料です。

(「アンブロキサン」は花王が作った香料名(製品名)で、「アンブロキシド」はその成分名)

 

私はアンバーグリスやアンブロキシドを嗅ぐと「塩昆布みたいだな」と思う事がありますが、ボワブランのドライダウンもそのような香りになっています。

 

全体的に香り立ちは穏やかで「軽めウッディー」といった香水ですが、持続性はまずまず良いと思います。

まとめ

今回は「フラパン、ボワブラン オードパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ボワブランは、「自然」や「木」へのオマージュとして作られた香水です。

様々な木の匂いが、軽やかに香り続けます。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「軽めウッディーの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「NISHANE(ニシャネ)ハジワット エキストレ ド パルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ハジワットは、熟す前の青いシトラスやパイナップルなどの酸味・フルーティーさと、ドライで軽やか[…]

【ニシャネ】ハジワット/エキストレドパルファム、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「Maison Francis Kurkdjian(メゾン フランシス クルジャン)アミリス ファム オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 アミリスファムは、明るいシトラスフローラ[…]

フランシスクルジャン アミリスファム、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:ART EAU公式ホームページ「BOIS BLANC(ボワ ブラン)」https://arteau.jp/collections/frapin/products/bois-blanc

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!