【THOO(ザハウスオブウード)ザ タイム】香水レビュー

今回は「THE HOUSE OF OUD(ザ ハウス オブ ウード)ザ タイム オード パルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。

 

ザタイムは、ストレートのアールグレイティーのような香りが主役の香水です。

紅茶の香りは時間と共に薄れていき、最後の方はパウダリーな甘さが優しく香ります。

 

当ページでは、ザタイムの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・ザハウスオブウード、ザタイムの香りについて詳しく知りたい

・アールグレイティーの香りが好き

・アイスティーではなく、温かい紅茶の香りが欲しい

THE HOUSE OF OUD(ザ ハウス オブ ウード)ザ タイム/オード パルファム

香水の基本情報

タイトル:THE TIME Eau de Parfum(ザ タイム オードパルファム)

ブランド:THE HOUSE OF OUD(ザ ハウス オブ ウード)

香調:ティー

調香師:クリスチャン・カラブロ

発表:2018年

トップノート:カモミール、ベルガモット、ニガヨモギ

ミドルノート:青茶(ウーロン茶)、アイリス、バーベナ

ラストノート:紅茶、シダーウッド、アンバー、ムスク

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:3.5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

【ザハウスオブウード】ザ タイム/オードパルファム、香水イメージチャート

濃いアールグレイティーから始まるが、すぐに薄れていく

トップノート:濃いアールグレイティー(15分)

まずは、苦みを含んだ”草っぽい香り”から始まる。

後を追いかけるように、ベルガモットの「シトラスの果皮の苦みが効いたグリーンシトラス」が出てくる。

このベルガモットが、オープニングの主役だ。

 

さらに5分もすると、背後から紅茶の香りが出てきて「アールグレイティー」が完成する。

甘さはなく、ストレートティーの香りだ。

ミドルノート:マイルドな紅茶(40分)

ベルガモットが薄れていって、苦みがマイルドになる。

シトラス系の酸味はまだ感じられるが、「ベルガモット由来」というよりは「レモンバーベナ由来」の、ハーバルな香りに切り替わっているように思う。

この酸味の部分も、トップに比べるとかなりマイルドだ。

 

ミドルに入ってからさらに2、30分程経った頃には、紅茶葉の「苦み」や「渋み」もかなり弱くなっている。

その代わりに、粉っぽい甘さ(アイリスかな?)が出てきた。

ラストノート:粉っぽい甘さで終わる(2.5時間)

ほんのりと甘さを含んだ「ティー」の香りでドライダウンに向かう。

砂糖のような甘さというよりは、ミルクを加えたような甘さに思える。

 

トップでは濃いアールグレイティーの香りだったが、ラストまで来ると「かなり薄い紅茶」といった印象を受ける。

薄いといってもウォータリーな瑞々しさがある訳ではなく、アイリスの影響か、むしろ粉っぽく乾いた香りになっている。

 

そして紅茶の香りはどんどん薄れ、最後はアイリスの粉っぽさ+ムスクの甘さを残してフェイドアウトしていった。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

THE HOUSE OF OUD ザハウスオブウード ザタイム 現在 オードパルファム 香水 フレグランス アトマイザー 1.5ml 30プッシュ お試し 携帯 ポスト投函 小分け 人気 メンズ レディース ユニセックス 30プッシュ 送料無料

【スプレータイプ】 ティー 香水 香り ジョーマローン ロジェガレ ディオール ニシャネ ザ ハウス オブ ウード サボン エリザベスアーデン ミラーハリス お試し アトマイザー 各3ml 2本セット ポストにお届け モテ香水 ハイプ HYPE ラッピング 袋

「ザ ハウス オブ ウード(THOO)ザタイム」の感想/口コミ

ザ タイムは「瞬間」の香り

イタリアの香水メゾン「THE HOUSE OF OUD(ザ ハウス オブ ウード)/THOO」より、2018年に登場した「THE TIME(ザタイム)」の香り。

THOOは6つのコレクションに分かれていますが、THE TIMEは「UNIVERSE THOO(ユニバース THOO)」の中の一本です。

 

UNIVERSEとは、「万物」「全宇宙」「全世界」といった意味ですが、ザタイムはそのコレクション名に相応しく、哲学的な意味を持った香りだそうです。

(抜粋)「時間(THE TIME)」とは、私たち自身の中で認識する束の間のほんの一瞬、つまり「瞬間」です。それは「自分自身を生きる」という明確な意識であり、自分の中の奥深くにある最も「確かな部分」と分かち合うような瞬間を、強く経験することです。日本の茶道の儀式のように多大な感謝を込めて、私たちはそれを大切にし、尊敬しています。この香りの構成は自己探求へのレッスンです。

ーTHOO公式ホームページより

 

なんということでしょう。

できるだけ分かりやすく和訳したつもりですが、全然意味が分からない。

(でも、こういう概念的な話は好きよ。)

 

ザ タイムを纏えば「自分の核となるような大切な部分にも響く、素晴らしい香り体験が得られますよ。」ということでしょうか。

また、「瞬間」というワードも何回も出てきます。

この香水の主役であるティーの香りはあっという間に薄れていくのですが、「瞬間」がキーワードと言うのならば、この儚さも納得ですね。

温かいアールグレイティーの香水

説明中にも「日本の茶道」という言葉が出てきますが、この香水は「ティー系」の香りになっています。

ただし、日本茶ではなく紅茶。

もっと言えば「アールグレイティー」の香りです。

 

付け始めから30分程は、ベルガモットの効いたアールグレイの「しっかりした紅茶の香り」を楽しむことが出来ます。

そこから紅茶は薄れ、最後の方は粉っぽいアイリスの甘さへと変化します。

 

この香水のイメージとしては、「温かいアールグレイのストレートティー」が相応しいと思います。

香り後半ではそこに「牛乳」(「クリーム」ではない)を加えて、紅茶の匂いを薄めたようなイメージを抱きました。

 

私の肌でしっかり香りを認識できるのは3~4時間と短めで、さらに紅茶がはっきり分かるのは付け始め30分程度です。

個人的に好みの香りではありますが、欲を言うならもっと紅茶が続いて欲しいところ。

最後の方はパウダリーさも登場し、優しく香ります。

通年使いやすい「ティー系香水」だと思います。

まとめ

今回は「ザ ハウス オブ ウード/ザ タイム オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ザタイムは、「温かいアールグレイのストレートティー」が主役の香水です。

しっかりした紅茶らしさは付け始めの30分程で、あとは少しずつ薄れていきます。

ラストでは、パウダリーな甘さが優しく香りますよ。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「アールグレイティーの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)アールグレー&キューカンバー コロン」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 アールグレー&キューカンバーは、香り高[…]

ジョーマローン アールグレー&キューカンバー、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「R fragrance(アールフレグランス)ティーブレイク オードパルファン」について、詳しくレビューしたいと思います。 ティーブレイクは、一言でいうなれば「アイスレモンティー」の香り。「紅茶葉の香[…]

【アールフレグランス】ティーブレイク/オードパルファン、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:The House of Oud公式ホームページ「THE TIME」https://thoo.it/product/the-time/

 

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!

ザ ハウス オブ ウードの最新記事