【ズーロジスト】ビーの香水レビュー|女王蜂に捧ぐ

今回は「ZOOLOGIST(ズーロジスト)ビー エキストレドパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

ビーは、漢方っぽいウッディーさや花の香りを伴う、捻りを効かせたハチミツ香水です。

ミドルノートのあたりで強い蜂蜜の香りが出てきますが、花のインドール感や花粉感なども合わさり ちょっと”クセ強”なハニーノートになっていると思います。

 

当ページでは、ビーの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・ズーロジスト、ビーの香りについて詳しく知りたい

・ハチミツの香りが好きだ!

・漢方っぽい香りや甘い花の香りも好き

ZOOLOGIST(ズーロジスト)ビーとは?

香水の基本情報

タイトル:BEE Extrait de Parfum(ビー エキストレドパルファム)

ブランド:ZOOLOGIST(ズーロジスト)

香調:グルマン、フローラル

調香師:クリスティアーノ・カナーリ

発表:2019年

トップノート:オレンジ、ジンジャーシロップ、ローヤルゼリーアコード

ミドルノート:エニシダ、ヘリオトロープ、ミモザ、オレンジフラワー

ラストノート:ベンゾイン、ラブダナム、ムスク、サンダルウッド、トンカ、バニラ

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:8時間程度

放香性:★★★☆☆+ やや強い~強い

【ズーロジスト】ビー、香水イメージチャート

ビーって、どんな香り?

トップノート:漢方ハチミツ(20分)

漢方のような苦いお薬感と、ハチミツのコクある甘さを混ぜた匂いでスタートする。

苦い生薬の素材をすり潰し、ハチミツを入れて丸薬にしたかのようだ。

オレンジの香りはよく分からないが、ジンジャーの土っぽいスパイシーさは”漢方”の匂いの中に混じっていた。

ミドルノート:はちみつ×花(インドール+花粉+蜜)(45分)

漢方っぽさが和らぎ、ハチミツの香りが増してくる。

ミモザのパウダリーさも若干感じられる。

その他「花粉感とインドール感のある生花の匂い」や「花の蜜の匂い」が、ハチミツに混ざっているようだ。

トップよりも甘さは強くなっているが、「花」の要素も強く、漢方っぽい苦味もまだ少し残っているため、手放しに「美味しい!」と思えるようなグルマンノートではない。

ラストノート:樹脂バニラ蜂蜜(7時間)

バニラやベンゾイン(キャラメル様の樹脂の甘い匂い)系のもったりした甘さと、ハチミツを混ぜた香りへと変化する。

甘みは、ミドルの頃より強まっている。

 

さらに1時間ほどすると、そこに淡くサンダルウッドが重なり出す。

僅かに塩辛く、お香っぽい木の香りだ。

全体的に放香性はそこまで高くなく、ラストに至るとさらに香り立ちは淡くなるが、甘い匂いが細く長く肌に残った。


▼▼ ハチミツ香水いろいろ♪AD ▼▼

LUSH ラッシュ 公式 みつばちマーチ ボディスプレー A フレグランス 香水 はちみつ ベルガモット シトラス 柑橘系 爽やか プレゼント いい匂い アロマ コスメ

【J-SCENT 香水】ジェイセント はちみつとレモン W11 蔦屋家電 ギフト 誕生日 プレゼント フレグランス 和の香り

ズーロジスト/ビーの解説と感想

女王蜂が描かれた香水

【ズーロジスト】ビーの香水レビュー|女王蜂に捧ぐ

2019年にZOOLOGIST(ズーロジスト)より登場した「BEE(ビー)」の香り。

ズーロジストは、2013年にVictor Wong(ヴィクター・ウォン)氏がカナダ・トロントに設立した、ニッチ香水ブランドです。

 

ブランド名であるZOOLOGISTは「動物学者」という意味で、様々な生き物からインスピレーションを得た香りが作られています。

当ページでご紹介しているBEE(ビー)は、もちろん「蜂」をモチーフにした香り。

香水ボトルには、威厳溢れる女王蜂の姿が描かれていますよ。

 

さてブランドによると、ビーはこんな香りだそうです。

(抜粋)静かで平和な、とある春の日。花が散りばめられた野原のキャンバスの下では、数千もの命が全てを賭したサバイバルレースに従事しています。息の詰まりそうな巣内では、蜂たちの献身の証として、耳をつんざくような羽音が捧げられ、女王国で永遠に続く”命を削る役割”に疑問を抱いて立ち止まるものなどいません。

 

多面的な香りの迷宮を駆け抜ける、半狂乱の蜂の喧騒のように、ズーロジストのビーは奇想天外な体験をお届けします。蜂蜜の豊かな香りが魅了し、魅惑のフローラル、ロイヤルゼリー、アニマリックな蜜蝋、堂々たるお香が一塊の”羽音”を生み出します。そして興奮と人生への甘いご褒美をもたらすのです。

ーZOOLOGIST公式サイトより(訳・たゆた)

一癖あるハチミツの香り

それでは、肝心の香りについて。

ノートを確認してみると、トップノートにリストされた「ローヤルゼリーアコード」が目を引きます。

「ハチミツ」ではなく、あえての「ローヤルゼリー」とな。

これは気になる。

 

ローヤルゼリーは、ハチミツとは全く異なる「蜂のごはん」です。

ハチミツが花蜜を濃縮・熟成させたものなのに対し、ローヤルゼリーは働きバチが食べた花粉やハチミツを体内で消化分解することで作られます。

この栄養価の高いローヤルゼリーは、女王蜂だけの特別食。

女王蜂は生まれた時は他のメス蜂と同じなのですが、このローヤルゼリーを食べ続けることで女王蜂に成長するんだそうです。

 

私自身、ローヤルゼリーはカプセル状の物しか食べたことないので そのニオイを知らないのですが、調べてみると、生のローヤルゼリーは独特の酸味を持つクセの強い香りがするそうです(発酵臭?)。

カプセルに入っているくらいだから「あんまり美味しくないんだろうなぁ…」とは思っていたけど、やっぱりそうみたい。

 

では、香水 ビーではそんなクセの強い香りがするかというと、そんなことはありません。

ローヤルゼリーというよりは、ハチミツの香りになっているようです。

「ローヤルゼリーの香り」とすることで、「ただの蜂ではない。女王蜂の為の香水なんだ。」というブランドからのメッセージなのだと、私は受け取りました。

 

さて、ミドルのあたりで最も蜂蜜の香りが強く出ます。

「蜂蜜」と「花のインドール感・花粉感・蜜の甘さ」を混ぜたような感じ。

インドール臭と蜂蜜の「鼻にツンと抜けるような匂い」が合わさるので、結構”クセ強”なハニーノートと言えます。

好みが大きく分かれそう。

 

全体を通して甘い香りが続きます。

せわしなく飛び交うミツバチが消える寒い季節、代わりにビーを纏ってみるのはいかがでしょうか。

まとめ

今回は「ズーロジスト/ビー エキストレドパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ビーは、漢方と蜂蜜のような香りから始まり、花のインドール感や花粉感を伴った蜂蜜へ、最後は樹脂やバニラの甘みを添えた蜂蜜へと続きます。

ローヤルゼリーが香料リストには載っていますが、実際にはローヤルゼリーというよりハチミツの香りになっていると思います。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「ハチミツ×フローラルの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「BYREDO(バイレード)カサブランカ リリー エキストレ ド パルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 カサブランカリリーは、華やかなホワイトフローラルに、煮詰めたプルーンジュースと蜂蜜[…]

【バイレード】ナイトヴェールズ/カサブランカリリー、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「SERGE LUTENS(セルジュ ルタンス)フィスドゥジョワ オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 フィスドゥジョワ(喜びの申し子)は、蜂蜜の甘さと濃厚なジャスミンの香りが主役[…]

【セルジュルタンス】フィスドゥジョワ/オードパルファム、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:ZOOLOGIST公式ホームページ「Zoologist Bee Deluxe Bottle」https://www.zoologistperfumes.com/products/zoologist-bee-deluxe-bottle

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!

ズーロジストの最新記事