【春の香り】匂い豊かな『春の花』と、おすすめ香水16選

まだまだ寒い日が続いていますが、少しずつ春めいてきましたね。

先日、山の中にある散歩道を歩いていたら花芽がついている木もあり、「あぁ。やっと寒さから解放される~。」と嬉しくなりました。

 

さて今回は、「香水に使われる春のお花」についてご紹介したいと思います。

本記事には「サクラ」「ミモザ」「フリージア」「スズラン」の4つのお花の香りと、それぞれのオススメの香水16選が載っています。

この記事はこんな方にオススメ!

・春に咲く、香水に使われるお花について知りたい

・春は草花の香りを纏いたい

・軽やかに纏える、フローラルの香水が好き

★フローラルの香りの表現に使われる用語については、こちらをどうぞ!

関連記事

今回は、香水の香りを表す言葉についてお話していきたいと思います。グルマン系、シプレ系、オリエンタル、ウッディ…etc。香りを表現するのに色々な言葉が使われているのですが、これって結構わかりにくいですよね。 […]

【香水、香りの用語】~系、表現する言葉、カタカナ英語の意味を紹介!

香水で使われる春の花、どんな香り?

サクラ(桜/チェリーブロッサム)

日本人にも愛される春の花といえば、サクラがあげられます。桜(ソメイヨシノ)の花は咲き始めから10日ほどで散ってしまうため、その儚い咲き姿も人気の秘密かもしれませんね。

 

ちなみに桜の花そのものの香りはさほど強くはありません

なので、桜の花ってどんな匂いかなぁと思いだそうとしてみるのですが、なかなかパッと出てこないですよね。そして、代わりに私の脳に蘇ってくるのは「桜餅」の匂いです。

たゆた
この食いしん坊め!

 

香水で「さくら」の匂いというと、「グリーンフローラルのあっさりした香り」、もしくは「桜餅の香り」のどちらかで表現されていることが多いかと思います。

桜餅の匂いは、「クマリン」や「トンカビーン」という香料の匂いでもあるので、桜餅系のサクラが好きな方はぜひチェックしてみてくださいね♪

桜の匂いの香水

桜の匂いのする香水を4つご紹介します。

個人的に以下の4作は全て「グリーンフローラル系」の桜香水だと思っています。メゾンクリスチャンディオールのサクラは「桜餅の匂い」という評を見かけたことがあるので、個人によって桜餅系に感じる人もいらっしゃるかもしれません。

 

①ジョー マローン/サクラチェリー ブロッサム EDC


≪発表≫2011年

≪調香師≫クリスティン・ナーゲル

トップノート:ベルガモット、マンダリン

ミドルノート:チェリーブロッサム、ローズ、ミモザ

ベースノート:ローズウッド、ムスク

②ディオール/メゾン クリスチャン ディオール サクラ EDP


≪発表≫2018年

≪調香師≫フランソワ・ドゥマシー

トップノート:グリーンノート

ミドルノート:サクラ、ローズ、ジャスミン、ヘディオン

ベースノート:ミモザ、スミレ、ホワイトムスク

③ゲラン/アクアアレゴリア フローラ チェリージア EDT


≪発表≫2019年

≪調香師≫ティエリー・ワッサー

トップノート:ウォーターメロン、ベルガモット

ミドルノート:サクラ、ペアー、ローズ

ベースノート:ホワイトムスク、バイオレット、ウッディノート

④ロクシタン/チェリー ブロッサム EDT


≪発表≫2007年

≪調香師≫ー

トップノート:チェリー、カシス、フリージア

ミドルノート:サクラ、スズラン

ベースノート:ムスク、ローズウッド、アンバー

ミモザ(アカシア)

ミモザも春のお花。日本での開花時期は2~4月で、黄色く可愛らしい小さなお花を枝先いっぱいに咲かせます。

特に香りの強い品種は「フサアカシア」。生花を嗅いでみると、甘く優しい香りで少し植物らしいグリーンさも感じることが出来る匂いがします。

こちらのミモザを精油にすると、パウダリーな(粉っぽい)感じの、お化粧品的で甘い香りになり、生花の匂いとは少し変化します。

たゆた
香水になると、この「パウダリー」な香りのものが多いようです。

ミモザの匂いの香水

ミモザの匂いのする香水を4つご紹介します。

イエローフローラルやパウダリーな香りが多いミモザの香水たち。日本のブランド、SHIROのミモザは透明感のあるすっきりしたフローラルですが、こちらはミモザの香りというより「ミモザをイメージした香り」となっています。

 

①プラダ/インフージョン ミモザ EDP


≪発表≫2016年

≪調香師≫ダニエラ・アンドリエ

トップノート:アニス、マンダリン

ミドルノート:ミモザ、ローズ

ベースノート:ウッディノート

②ジョー マローン/ミモザ&カルダモン EDC


≪発表≫2015年

≪調香師≫マリー・サラマーニュ

トップノート:カルダモン、レモン

ミドルノート:ミモザ、ダマスクローズ

ベースノート:トンカビーン、サンダルウッド、ヘリオトロープ

③モノテーム/ミモザ EDT


≪発表≫2017年

≪調香師≫ー

トップノート:ネクタリン、ベルガモット、バイオレットリーフ

ミドルノート:ミモザ

ベースノート:サンダルウッド、シダー、ムスク

④シロ/ミモザ EDP


≪発表≫2019年

≪調香師≫ー

トップノート:グレープフルーツ、レモン、ベルガモット、グリーンノート、バジル

ミドルノート:ジャスミン、グリーンティー、ローズ、ラベンダー、ローズマリー

ベースノート:ムスク、アンバー、サンダルウッド、ウッディノート

フリージア(浅黄水仙/菖蒲水仙)

お花屋さんで見かける、香りの強い春の花といえば「フリージア」。開花時期は3~4月ごろです。

白、黄色、ピンク、紫などなど花色も豊富で、目にも鼻にも華やかなお花ですよね。

フリージアのお花は香料を抽出することができず、その香りは一般的に合成香料で再現されます。

たゆた
生花の香りはあんなに豊かなのに、意外です。

キンモクセイにも似た、甘ーいお花の香りが特徴です。

フリージアの匂いの香水

古くから愛されるフリージアの香り。たくさん存在するフリージア香水の中から私の好きな4つをご紹介します。

SHIROのフリージアミストには、香りにフリージアの記載はありませんが透明感のあるフルーティフローラルの香調です。フリージアそのものの匂いというよりは、こちらも「フリージアをイメージした香り」となっています。

 

①カルバン クライン/エタニティ EDP


≪発表≫1988年

≪調香師≫ソフィア・グロスマン

トップノート:フリージア、セージ、マンダリン、グリーンノート

ミドルノート:カーネーション、リリー、スズラン、スイセン、マリーゴールド、スミレ、ローズ、ジャスミン

ベースノート:ヘリオトロープ、ムスク、サsンダルウッド、アンバー、パチョリ

②ディプティック/オフレジア


≪発表≫1999年

≪調香師≫オリビア・ジャコベッティ

トップノート:マンダリン、ベルガモット、ブラックペッパー

ミドルノート:ホワイトフリージア、オレンジブロッサム、ジャスミン、カーネーション

ベースノート:ガイアックウッド、ローズウッド、ホワイトムスク

③ジョー マローン/イングリッシュペアー&フリージア EDC


≪発表≫2010年

≪調香師≫クリスティン・ナーゲル

トップノート:ペアー、メロン

ミドルノート:フリージア、ローズ

ベースノート:ムスク、パチョリ、ルバーブ、アンバー

④シロ/フリージア ミスト


≪発表≫2019年

≪調香師≫ー

トップノート:アップル、アプリコット、ベルガモット

ミドルノート:グリーンノート、ローズ、ピーチ

ベースノート:ホワイトフローラル、ムスク

スズラン(鈴蘭/ミュゲ/リリーオブザバレー)

スズランも香りの強いお花。開花時期は3~5月です。ちなみに3大フローラルの一つにもあげられています。

たゆた
他の2つはジャスミンとローズです。

スズランの生花は結構香りが強いのですが、実はこちらも香料が抽出できないお花。その香りは合成香料によって再現されます。

 

私の実家(山ん中にあります)にスズランが植わっているのですが、生花を嗅ぐと割とグリーンな優しい香りがします。色でいうと「半透明の卵色」みたいな、柔らかい感じです。

香水に入っているスズランを嗅ぐと、それよりはパウダリーな感じで甘みもあるように思います。色でいうと乳白色のようなイメージです。

スズランの匂いの香水

鈴蘭の香りの香水を4つご紹介します。

鈴蘭は「スズラン(日本語読み)」「ミュゲ(フランス語読み)」「リリーオブザバレー(英語読み)」のいずれかで表記されています。

 

①ディオール/メゾン クリスチャン ディオール ラッキー EDP


≪発表≫2018年

≪調香師≫フランソワ・ドゥマシー

シングルノート:スズラン、ホワイトフラワー、オゾンノート

②ディオール/ディオリッシモ EDT


≪発表≫1956年

≪調香師≫エドモンド・ルドニツカ

トップノート:グリーングラス、ベルガモット

ミドルノート:スズラン、ライラック、ジャスミン、リリー、イランイラン、アマリリス、ローズマリー

ベースノート:シベット、サンダルウッド

③ペンハリガン/リリー オブ ザ バレー EDT


≪発表≫1976年

≪調香師≫マイケル・ピクタール

トップノート:ゼラニウム、レモン、ベルガモット

ミドルノート:リリーオブザバレー、イランイラン、ジャスミン、ローズ

ベースノート:オークモス、サンダルウッド

④ミュウ ミュウ/ミュウ ミュウ EDP


≪発表≫2015年

≪調香師≫ダニエラ・アンドリエ

トップノート:スズラン、ベルガモット、レモン

ミドルノート:グリーンノート、ローズ、ジャスミン、カシス、ピーチ

ベースノート:アキガラウッド、ホワイトムスク

まとめ

「春に咲く香水に使われるお花」について、その香りとオススメの香水をご紹介しました。

今回は、「サクラ」「ミモザ」「フリージア」「スズラン」の4つに絞ってお話ししましたが、水仙やスミレなども香り豊かな春のお花ですよね!

春のお花と一口に言っても、パウダリーな香りや甘い香り、グリーンな香りなど様々です。

ぜひ、あなたにぴったりの香水を纏って、素敵な春をお過ごしくださいませ!

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022-2023

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー